忍者ブログ

   

邦画『喜びも悲しみも幾年月』を見た

淡々としていて叙情的でとてもよかった。
主演の佐田啓二さんと高峯秀子さん演じる灯台守の夫婦は
いじらしく良心的で心から応援したくなる。

冬の北海道で展開される隣人の死と主人公夫妻の出産劇。
冬って嫌だよな~と強く共感する。病気と死は見ていて本当に辛くなるが
それも一つの生命循環に過ぎないと悟らせるような新しい命の出産は
現代人が忘れかけている感覚ではないだろうか。

九州の端であまりに退屈すぎて喧嘩する両人。
過ごしやすければいいってものじゃない。そして野津くんw
まさか彼がこんなにストーリーに絡んでくるなんて思わなかった。
若気の至りの失恋から衝撃の展開へw
ラストでも泣いてる野津くんwほんと良い奴だなこいつw

悲しいこともあり喜ばしいことも辛いこと、楽しいこともあり
それでも淡々と良心的に生き続ける素晴らしさ。
こりゃ大ヒットしますわ。THE昭和といった趣き。

そして主演の佐田啓二さん。どっかで見た顔だな~。誰だっけ。思い出せん。うおー。
と唸りながら見ていて後で調べたらなんと俳優中井貴一さんのお父さんだそうだ。
それを知った瞬間「あーッ!」と大声をあげてしまった。



(「キネマ旬報社」データベースより)

松竹が誇る天才監督・木下惠介監督が、日本縦断ロケを敢行。高峰秀子と佐田啓二の主演により、同名の主題歌と共に大ヒットを記録した名作。灯台守一家の25年にわたる波乱に満ちた生活と愛情を、繊細かつ力強いタッチで描いた壮大なる年代記。

拍手

PR

プロフィール

HN:
古倉 のぶ雪
性別:
男性
自己紹介:
まいにち 
かんがえたことの 
きろく

創作で漫画を描いています。
漫画等に関するご連絡はお問い合わせまでお願いいたします。

《願望》
世の中は
いつも月夜と米の飯
それにつけても金の欲しさよ

pixiv

最新記事

Copyright ©  2016-2017 kokura nobuyuki.All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]