忍者ブログ

   

おさるの浅知恵

暑い日と寒い日が交互にやって来ている。
いつの間にか半袖で過ごしている。
季節がどう変わろうともやることも目的も変わらない。
気怠さはこの湿度のせいか。くだらない事をグダグダ考える時がある。

自分が死ぬまでに不老不死の技術は完成するだろうか、完成したとしても不死になりたいだろうか。
不病のオプションが付いているなら考えないでもないが、死ねないというのも中々辛そうだ。
だとしてもこの世の贅沢を堪能しないままに死ぬのも馬鹿らしい。
下品だとわかっていても一度は金箔のちりばめられた寿司でも食ってみたいものだ。
ジャグジーで美女を侍らせるのも一回やってみたい。札束風呂は汚いから嫌だ。
書き出してみて思ったが自分の想像する贅沢のなんと矮小なものか。
幼児が乗ったことのないジェットコースターに乗ってみたいと泣き叫ぶのと同じだろうと思う。
実際に成長して乗ってみたところで「こんなものか」と思うのが関の山だ。
だけれども想像の中だけの欲望が人の心を魅惑するのは紛れもない事実でどうやってもこぼれた砂糖菓子と巣を往復してしまうのも蟻が蟻である確証でしかないのだ。


こうやって文字を弄んで、時間を浪費するのもこの纏わり付く湿度のせいかもしれない。





拍手

PR

プロフィール

HN:
古倉 のぶ雪
性別:
男性
自己紹介:
まいにち 
かんがえたことの 
きろく

創作で漫画を描いています。
漫画等に関するご連絡はお問い合わせまでお願いいたします。

《願望》
世の中は
いつも月夜と米の飯
それにつけても金の欲しさよ

pixiv

最新記事

Copyright ©  2016-2017 kokura nobuyuki.All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]